• 店長

キャンピングカーとe-bike「YPJ-TC」1

こんにちは、大阪市平野区にあるレンタルキャンピングカー屋のCamping Car Rental A.P.C.です。


「残暑厳しく」っていう言葉は使う事なく、

台風が暑さを攫って行った感じの今年の9月と10月、

冬布団とコタツを準備した我が家です。


さて、近年自転車先進国のヨーロッパでは「e-bike」

というジャンルの自転車が大流行です。


ご存知の方は自転車通ですね。

念のために簡単に説明すると、

一般的なスポーツサイクルに電気モーターが補助する自転車です。


日本で現在普及しているタイプのほとんどは、

「電動アシスト自転車」です。

簡単に言えば、ママチャリタイプです。


両者の違いは見た目がほとんどです。


もちろん、目的も全く異なるので、

「e-bike」というジャンルが誕生しました。


実は、私自身若い頃(今から20年ほど前)は、

競技や趣味での自転車とは違って、

通勤用にクロスバイクやマウンテンバイクを、

よく乗っておりました。

そのころは体力もあり、汗かく事も嫌ではなかった。

現在は40代に入ってから、体力や代謝が落ちる一方で、

体脂肪率と体重は逆に右肩上がりの状態です。


階段を登ると膝に負担を感じ、関節が軋むような感覚が生まれ、

このままでは元気に60代を迎える事が難しいと思い、

日々の生活の中で運動を取り入れようと考えました。


ジョギングなど走る事が一番手軽な方法ですが、

数年前の第1回、第2回大阪マラソンに出場し、

フィニッシャーとしてもメダルも頂きましたが、

走る事の喜びは練習のキツさを勝る事が出来なかった。


しかも、あれは30代中頃で、今より体重も10キロ軽かった。

朝から10キロ、20キロを走ってから会社に行くのも出来た。

大会前は午前3時に起きて30キロ走もこなした。

もう無理、マラソンの真の楽しさを未体験の状態で、

私は走る事をやめました。

元来、走る事が好きでは無かったのです。


でも、自転車は運動量が少ない代わりに、

気軽に出来、移動手段としての役割もあり、

仕事中の移動にも使え、一石二鳥、三鳥となります。

しかも、ネットで見つけた「e-bike」は、

理想的な乗り物でした。

自転車で長距離を走る上で、一番ネックなのは、

スタート時の加速です。

特に、都市部や一般道路での信号待ちからのスタート、

疲れている状態だと止まってしまうと、

そこで再起動できないようになりそうです。

意思の弱さが目立ちますが、

仕方ありません、無理して体壊したら、

元も子もない話になります。


さて、話を戻すと、

昨年夏前に見つけたYAMAHAのe-bikeシリーズ、

その中でも理想はロードタイプでしたが、

ケチな性格なのか、

後から色々付け加えるのが嫌で、

一番装備が揃ってて、

お買い得感盛り沢山の「YPJ-TC」という車種にしました。


スタンドやリアキャリアがつき、


泥除けも標準装備で、

制動力が凄い油圧式ディスクブレーキ付き。

フロントフォークは、

サスペンション付きで、少々の段差なら

問題なく走行できます。


サイクルコンピューターも

標準装備で、

なんと充電用の USBコネクターも

付いてます。


フロントライトはもちろん、

リアキャリアに赤色LEDのテールランプも

標準装備です。


至れり尽くせりのこの自転車、迷わずに(いや、かなり迷いました、金額が・・・)購入しました。


一年間での走行距離は2500kmを超え、累計消費カロリーはとんでも無い数字になっておりました。

が、私の体重はキープの状態です。

なぜなら、ご飯が美味しい!!特に自転車通勤の日は!


うーん、筋トレが必要かもしれません。


話が長くなりましたので、続きは次回に!




20回の閲覧